顎関節症治し方

顎関節症の原因

 

何かものを食べるとき、アゴがガクガクいう感じがする、あるいは口が大きく開かない感じがするという人は顎関節症の疑いが高いです。

 

アゴの関節まわりに何らかの異常が起こってしまう顎関節症は、慢性的な疾患として20代〜30代の女性を中心に多くの人を悩ませています。

 

軽度のものから重度のものまで、その症状は人それぞれなので、自分が顎関節症だと気付いていない人も多くいるようです。

 

顎関節症は、その症状が多岐に渡っているように原因も人それぞれ。何か一つのことがきっかけで発症すると言うよりは、複数のことがからまりあって発症することが多いと言われています。

 

顎関節症の原因として代表的なものがストレスです。一日中座りっぱなしのデスクワークに一筋縄ではいかない人間関係、災害や将来の恐怖など、私たちの日常にストレスはつきもの。

 

そのストレスを人一倍強く感じ、またうまく発散できない人が、眠っている間にイライラして歯を食いしばるなどしてしまうと、顎関節症が引き起こされるといいます。

 

また単純に、うつ伏せで寝る、頬杖をつく癖がある、あごの下に電話をはさんでパソコンをする、猫背気味であるといった人も、アゴに負担がかかるので顎関節症を発症しやすくなるようです。

 

>>自宅でできる顎関節症改善法を見る