顎関節症治し方

顎関節症用のマウスピース

 

口を開閉する際にアゴのあたりがガクガクと鳴る顎関節症は、ストレスを溜め込む人に多い疾患の一つとも言われています。

 

日頃からストレスに弱く、それを上手く発散できない人は、眠っている間にも緊張状態をたもっていて、歯をかみ締めたり食いしばったりしていることが多いもの。

 

そうやって一日中休まることなくアゴに負担がかかってしまうと、やがてアゴ関節の周りに異常が生じ、顎関節症が発症すると言われているのです。

 

そんなストレス性の顎関節症に悩む人におすすめなのが顎関節症用のマウスピースです。顎関節症用のマウスピースは、主に歯科での顎関節症治療の際に用いられ、歯に装着することで、アゴへの負担を大きく緩和できると言う優れもの。

 

無意識に歯を食いしばってしまうクセのある人がこれを装着すると、アゴにかかる力を分散させられるだけでなく、歯にかかる圧力も少なくなって歯の磨耗も防げるのだそうです。

 

歯に密着する顎関節症用マウスピースは、一日中装着していても見た目に違和感がないので、利用しやすいのも特徴です。夜眠るときだけの装着だとしても、無意識下の歯ぎしりが改善されるので、顎関節症の改善には効果大です。

 

>>自宅でできる顎関節症改善法を見る