顎関節症治し方

顎関節症は何科で治す?

 

ものを咀嚼するとき、アゴの開閉に応じてガクガクという音が聞こえる、または大きな口を開けるのが困難に感じるという人は、顎関節症の疑いが高いと考えられます。

 

アゴの関節周辺に異常が起こってしまっている顎関節症は、放っておくと頭痛、首こり、肩こり、吐き気、倦怠感、イライラやウツウツ、そして関節や歯の磨耗真で引き起こしかねません。

 

たかが顎関節症と放っておかずに、きちんとした医療機関にかかることをおすすめします。

 

顎関節症の原因には、日常的な悪い姿勢やかみ合わせ、過大なストレスが関与していると言われていますが、そういったものを自分で意識してみても、一度悪くなってしまった関節を元に戻すのは難しいのです。

 

顎関節症の治療は、歯科にかかるのが一般的です。アゴ周辺からこめかみ、耳にかけての痛みを感じる人は初めに耳鼻科や整形外科を受診することも多いようですが、そこに行っても顎関節症の疑いがあれば歯科を紹介されるのが普通です。

 

顎関節症の治療としてまず第一に行われるのは噛み合わせの修正なので、歯科が専門となるのです。しかしそれでも顎関節症が改善されない場合、さらなる専門である口腔外科などに回される可能性もあります。

 

>>自宅でできる顎関節症改善法を見る