顎関節症治し方

顎関節症の症状

 

顎関節症の症状は、人それぞれ異なります。しかし、以下にのべる症状の中で一つでも思い当たる節があれば、軽度の顎関節症に陥っている可能性が考えられます。また、複数の症状に心当たりがあるようなら、今すぐ病院へ行くことをおすすめします。

 

顎関節症の症状として一番多いのがアゴの痛みです。アゴそのものだけでなく、頬からこめかみにかけての痛みもこれに含まれます。食べ物を咀嚼するときなど、アゴの開け閉めに応じて起こりやすい痛みです。

 

次に、口を開けるのが困難と言う症状があげられます。指三本を縦にして口に入れようとしたとき、アゴが痛くて口が開かないと言う場合がこれに該当します。

 

また、そのような状態でアゴを無理に動かそうとして、アゴの辺りでカクカク音がした場合も、顎関節症の可能性が高いです。ジャリッとした音が鳴る人もいます。

 

さらには、口を開けるときの違和感とは逆に、口を閉じることに違和感を感じることもあります。アゴの関節の異常が歯列に隙間を作るため、このような症状があらわれるそうです。

 

しかしこれは、口を開けることへの違和感に比べて非常に稀なケースとなります。このほか、頭痛や肩こり、吐き気も顎関節症に付随して起こっていることがあります。

 

>>自宅でできる顎関節症改善法を見る