顎関節症治し方

顎関節症の手術

 

口を大きく開け閉めしようとするとき、アゴの周辺がカクカクと音を立てるのが、顎関節症の代表的な症状です。顎関節症はストレスや噛み合わせといった何らかの理由により、アゴの関節や筋肉、及びその周辺に炎症がおこってしまう疾患です。

 

放っておいたら自然と治った、あるいは生活習慣の改善だけで良くなったと言う人もまた多い顎関節症です。しかし、無意識のクセやもともとの噛み合わせが影響して起こっていることもまた多いので、当てはまる症状があれば医療機関を受診するのがベストです。

 

医療機関での顎関節症の治療には、薬やマウスピースの装着、トレーニングなどが主に用いられることになりますが、中には手術をすすめられる場合もあります。

 

顎関節症の手術は、基本的に関節腔洗浄療法という手術です。これは、アゴ間接を包む関節包を満たしている間接液の循環をよくするための手術です。

 

本来、この関節液が滑らかに動くことによってスムーズなアゴの開閉が可能になっているのですが、顎関節症の人の中には、この関節液のめぐりが阻害されてアゴの動きが鈍くなってしまっている人がいるのです。具体的には、関節包に針を指し、生理食塩水でその中を洗浄するという流れになります。

 

>>自宅でできる顎関節症改善法を見る